Facilitation



Facilitation(ファシリテーション)

ファシリテーション(英: Facilitation)は、会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。 コミュニケーションスキル以外にも、ルールが必要な場合の内容設定や補助、プログラムのデザイン、進め方や、さらに会議の場所や参加者の選択、日程のデザインなど、オーガナイザーやリーダーの機能を担う。 会議の場に限定される機能とするのは誤りであり、日常での組織コミュニケーション全般において、ファシリテーション技術は活用される。 また、課題を達成しようとするグループに対して公平な立場にたち、話し合いのグループ・プロセス(グループの状況)に介入してファシリテーションを行う者のことを、近年、ファシリテーター(Facilitator)と呼ぶ場合が出てきた。
ファシリテーターにはファシリテーション技術以前に、参加者または組織に対して良心に基づいた、達成イメージへの情熱と信念が必要とされる。

法人案件では、ライセンサー、メーカー、デザイナー、工場など、個人案件ではデザイナー、工場など、が協業する形で商品やサービスを作ります。その間で、進行役や雑用係を担当します。Facilitationという素敵な概念が認識され始めたので、この名称に見合う仕事を提供すべく活動しています。あらゆる立場の方からの、ご相談を承ります。

プロジェクトの構成によって、役割は変わります。設計図を書く担当であったり、書いてもらうための情報を集めるフェーズを預かったり。工程の上流下流を問わず、様々な現場にお邪魔するスタイルです。製品企画の打ち合わせに伺ったり、工場で急場をしのぐ作業を手伝う事も、たまにあったりします。案件が動いている現場で発生する生の情報には、様々な工程の精度をあげるヒントがあります。

XYDove

ものづくり寄りの3D関連フリーランス(企画/進行/モデリング/販売)です。 脱近代へ、出来る事を色々と。